アルベルゲ(巡礼宿)情報

2019年11月04日
2019巡礼の旅情報
かなり膨大な量の宿情報となります。
検索機能を使って泊まりたい町の宿情報があるかご確認ください。
全てローマ字表記で町の名前は表示しております。

フランスに置けるGiteの予約について


via Gebennesissとルピュイの道は宿の予約をうまくすることによりスムーズに巡礼ができます。
個人的には電話を携帯することは必須です。
持っていない人もいますが、結局持ってる人に頼んで電話してもらっているので「助ける側に回れる」という意味でも持って行く方が良いと思います。
5月から夏にかけて巡礼者が多い時期です。
予約をしないと本当に宿がないということがあります。
わたしが知る限り皆なんとかなっていますがそれは運が良かっただけだと思っています。
中には自分が払える金額の宿が見つからず60km歩き続けた人もいますし、土砂降りの雨の中宿が見つからず次の村に進む途中で遭難しかけた人の話も聞きました。(ルピュイの道の春先はめちゃくちゃ寒いですよ!)
何かあってからでは遅いと声を大にして言いたい。
かと言って、予約にしばられるのも嫌なのはもわかります。
わたしも予約をせずに行きたい派ですし、気分で予約をしない日もありました。
以下わたしの予約の基準です。

①30km地点宿を大体決める。
②そこから40km地点までに宿がどれくらいあるか確認。
→宿がない又は1軒くらいしかない場合、確実に前日までに予約をいれる
③当日、20km前後の町まで歩き、そこから当初目星をつけていた宿まで歩けるかどうか自分の体力に確認
④宿の予約
→ストップして周辺の宿を回るか、先に進むなら30km地点の宿に電話予約

例外として、他の巡礼者から「明後日泊まろうとしている町の宿がどこも満室だよ」との情報を仕入れたり、週末祝日などホリデーシーズンはその前日から3日は確実に数日前から予約をいれ、予定変更はできなくてもそれに合わせて歩きました。
ホリデーシーズンは本気で宿がとれません。
宿がある町の距離が離れた区間にそれがあたると尚更です。
ホリデーシーズンの予約さえ制しておけば他は何とかなります。

たとえ予約をしてもキャンセルは可能です。
素っ気ない態度をとられてしまいますが、繁忙期はキャンセルしてもすぐに宿は埋まるので気にしないようにしましょう。
そのキャンセルのおかげでわたしは泊まれた宿もあります。
当日の朝予約は前日や当日キャンセルの空きにするっと入れることがあるから一度断られた宿でも電話すべしです。

via Francigenaで宿予約はとても苦労したのですが、特にルピュイの道は英語がよく通じるし、電話でも片言のフランス語「ジュ(私) ペレリン(巡礼者) ウン ヌイット(一晩) ウン ペルソナ(一人) ドルミル(寝る) OK?」で宿泊の意思が通じるほど外国人慣れをしているGiteオーナーが多かったので非常に楽でした。
SMSを使ってgoogle翻訳を利用したフランス語で予約メッセージを送っても返信をくれるGiteがほとんどで助かりました。

フランス人の道は予約は不要です。
どこかしらに宿は確保できます。
ただ安いところは早いうちから埋まっていきます。
巡礼者は人が集まる町や村が好きなので、アルベルゲしかない村とかあまり人気のない場所にストップをかければびっくりするほどがら空きでぐっすり眠れます。
その分人との出会いは減るかもしれませんが、それはそれでそこでしか出会えない人と交流できますので楽しいです。
一期一会。


via Gebennesissの宿


Geneva

Geneva Hostel
女性専用ドミトリー 朝食付33€

6ベッド。二段ベッド。清潔で部屋も広く快適。朝食は7時から。
1階のレストランで食事も安くできる。
キッチンはあると施設情報にあるが、確認はしていない。
booking.comで予約可能。
wifi:◯ 台所:○ ATM:× スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Beaumonte

Gite La Fromageria
住所:846 Route des Fruitières
電話:06 65 76 06 34 / 04 50 38 63 90
メール:manperleen@gmail.com
相部屋 朝食付25€ 朝夕食付40€

シングルベッド。
4km手前のNeydensにはスーパーやレストランがあるのでそれ以降はルート上には何もないと思った方がいい。(Chaumontは村の中をルートは通っていない)
わたしが泊まった時は夕食も普通で、値段以下って感じで初日なのにがっかり。
おすすめしません。
後々知った話、とても評判の悪い宿でした。
私的なおすすめとしては10km先のCharlyの公共Giteまでいけばその後のルート組み立てがスムーズになるかも?
ちなみにCharlyの宿は朝食つき15€だと人に聞きました。
予約不要、勝手に入ってベッド確保して夕方管理人がくるのを待つシステムのようです。(フランスの公共Giteではそれが一般的)
スーパーもレストランもない村ですが、キッチンはあるので食材持ち込み必須? 宿泊者によるとパスタなどの食材はあったみたいです。
wifi:△ 台所:○ ATM:× スーパー:× パン屋:× バー:× レストラン:×


Chaumont

Gîte d'étape communal l’Espérance
電話:06 78 01 19 58 / 04 50 44 73 01 (mairie) 
メール:mairie.chaumont74@wanadoo.fr
相部屋 12ユーロ 朝食付15ユーロ

マットレス。
基本朝食付きの値段を言われる。
朝食は宿に置いてあるシリアルやら飲み物、冷蔵庫に入ってるものをセルフで食べる。
Seysselまで飲み食いできる場所はなかったので、何かしら初日の時点で用意をしておくかSeysselまで我慢。
鍵は空いてるので勝手に入ってマットレス確保。
バストイレは室外にあるので少々面倒くさい。
混みあったら最悪だけど、少人数であれば清潔で快適。
wifi:× 台所:○ ATM:× スーパー:△ パン屋:× バー:× レストラン:◯


Seyssel

DSC_0865.jpg


Gîte d'étape et de séjour l'Edelweiss à Les Côtes-d’en-Haut
住所:78 route de Praz
電話:04 50 56 04 75 / 06 11 40 83 83
メール:contact@gite-auberge-edelweiss.com
相部屋 朝夕食付38€ 夕食付32€

シングルベッド。
基本16時チェクインだが、ドアに張っている電話番号に電話すれば近くに住むオーナーが来てくれる。
街の中心部から離れている。行きは20分、帰りは坂がきついので1時間はかかった。
ホームページから宿の予約をしていたが、実際は予約の確認もなかった。皆街の中心部に宿をとるようで混み合うことはほぼないのではないでしょうか。
ホームページの写真はリノベーションをした綺麗な宿部分。入り口、入り口近くの個室、リビング部分はぼろい。そしてわたしの部屋はボロかった。バスルーム、レストランはとても綺麗。
wifiはレストラン部分のみ。
相部屋とあるがドアのない個室みたいな相部屋とボロいドアのある完全個室が割り当てられる。
食事がめちゃ美味しくて豪華!量も多い。


Chanaz

DSC_0882.jpg


El camino
住所:89 rise of the fort
電話:04 79 35 16 32 / 06.73.89.30.94
メール:elcamino.chanaz@orange.fr
相部屋 17€ 朝食付23.50€ 朝夕食付39.50€

シングルベッド2台と二段ベッド1つの4人部屋。
湯沸かしケトルと机と椅子あり。
すごく清潔で快適でした。ただ部屋意外にくつろげるスペースがありません。
夕食ありにしていれば母屋の方でくつろげたのかな?
村にはバーがあるので特に不便も感じませんでした。
オープン時間は特にないのでゲート入ってすぐ右に巡礼者用の相部屋があります。鍵はかかっていないので自分の名前があるベッドをとります。
メールの予約の際に夕食をありにするかどうか到着してから決めることを了承してもらっていました。
お得で美味しいランチは橋を渡ってすぐのAuberge de Savières
フランスの朝食は非常に質素なのに5€前後もするので断れるところは基本断っていました。
wifi:× 台所:× ATM:? スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Yenne

DSC_0898.jpg


Centre d'Accueil du Clos des Capucins
バスルーム付きツインルーム 相部屋利用29€

普通のホテルの部屋。タオル、シーツ、wifi全てあり。誰もこなければ一人利用で快適。
一人利用の場合は多分38€前後だったと思われる。
夕食は19時半より別料金でホテル内の食堂で食べれる。
受付のお姉さんは英語可能。
1kmもしないけど、少し離れたところに大きなスーパーあり。
wifi:◯ 台所:× ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Saint-Genix-sur-Guiers

DSC_0924.jpg DSC_0925.jpg

DSC_0928.jpg DSC_0927.jpg


Les Bords du Guiers
モバイルホーム1人25€

調味料はないが電子レンジ、電気コンロ、調理道具とキッチン充実。バスルーム室内にあり。
2ベッドルーム(2ベッドと1ダブルベッド)。
ブランケットはあるがシーツはなし。巡礼中によくもらう使い捨てのシーツは既につけていた。
他の巡礼者とシェエアするが、個室にはなる。
施設内にランドリーあり。
テラスもあり、天気がよければ最高。
キャンプ場真横に巨大スーパーあり。
綺麗だし、気ままに過ごせるし、オススメ。
wifi:? 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯

Le Pin

Airbnb利用
朝食付き個室34€

専用バスルームが室外だが部屋続きにある。
wifi、タオルあり、清潔。
朝食はやっぱり質素。料金に含まれており、外すことはできない。
オーナーはとても感じの良い人で放っておいてくれる感じだった。
チェックインは事前問い合わせで早くすることも可能。わたしは15時にチェックインした。
土曜日はパン屋もレストランもしまっていた。
wifi:◯ 台所:X ATM:? スーパー:◯ パン屋:◯ バー:X レストラン:◯


La Cote-Saint-Andre

DSC_0960.jpg


Airbnb利用
個室24€

清潔、タオルあり。町の中心部で平日であればスーパーも近くとてもいい場所。
オーナーも気さくで放っておいてくれる人で到着時間とかまめにメール連絡してくれてスムーズにチェックインできた。
日曜日もオープンしてるパン屋の上のアパート。おすすめ。
wifi:? 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Revel-Tourdan

DSC_0970.jpg


Gîte d'étape Ferme des Bruyères
電話:06 31 67 18 23
相部屋20€ 朝食付25€ +夕食15€

全てシングルベッド。シーツはついてるので寝袋不要。
wifiはわたしが泊まった時は使えなかった。
暖房器具がないので寒い時は辛い。
広い庭がありあたたかければのんびり過ごせる。
チェックイン時間が設けておらずいつでもきてもいいよと言っていた。
家族がめちゃくちゃ親切で超オススメ宿。
朝食なしで泊まったのですが、フランスの朝食は質素で頼む気がしないと常々言ってる私でもここなら払っても良いと思える朝食を用意しているのを目撃。
トースト等は当たり前、暖かいパンケーキも朝たっぷり作ってくれていました。(こっそりできたてのパンケーキをくれた)
夕食はメインはインド料理その他はフランス料理という感じだった。
日本滞在時メールを何度か出したが返事なかったので(インターネットが使えないという事情もあったのかもしれない)、電話予約がよい。
普段は満室になることがないので予約は必要ないとはオーナーも言っていたが、私の時は満室になった。
オーナー家族がでかけるということもありえるので予約はしていた方が無難。(泊まらないならキャンセルの連絡をいれればいい)
Revel-Tourdanの町から1kmちょっと歩いた先のルート上に写真のタイヤの看板があるのでそこを右に曲がる。
巨大スーパーはあるが、宿から2km離れている。
wifi:△ 台所:△ ATM:X スーパー:△ パン屋:X バー:X レストラン:X


Chavanay

Gite Pelerins
住所:Rue des Pelerins 3
電話:06 85 78 30 09
個室38€(おまけして30€にしてくれた)

共用バスルーム、タオル、wifi。朝食、夕食も別料金で可能。
大きな犬や猫がいるので獣臭がするが部屋は大丈夫だった。
質の割に高いなと思う反面、オーナーの人柄がとても良かったのでここに滞在して正解。
看板もないGiteで、オーナーは夕方まで仕事で電話にすぐ出られない。事前に予約がベター。

町には公共Gite(10€)があるはずだが運悪く団体に占拠され満室。
そこそこな規模の「町」の公共Giteはよく学校行事などで貸切になるのでベッド数があると思っても事前確認または予約をしていた方がよい。
イエローブックによると町の中心部にはこのGite Pelerinsとサンジャックの家(寄付制ボランティア宿)しかなかったので、お金を節約したいなら公共Giteかサンジャックの家を事前予約必須。
wifi:◯ 台所:△ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Bourg-Argental

Accueils Jacquaires イベットさん
住所:Rue du Puy
朝夕食付き寄付制

ダブルベッドとツインの個室2部屋。
特にチェックインタイムはないのでイベットさんと話し合って決める。 
英語可能。
めちゃくちゃよくしてくれました。かなり、おすすめ。
こんなことなら食わず嫌いせずにAccueils Jacquairesをもっと利用すればよかったと思うほど。
フランス人巡礼者たちはきっとAccueils Jacquairesを利用しまくってるんだろうな〜。
お金はベッドの上に紙で包んで置いてきました。
個人宅なので電話番号は載せていません。イエローブックで確認してください。
wifi:? 台所:△ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Montfaucon-en-Velay

DSC_1032.jpg DSC_1035.jpg

DSC_1034.jpg DSC_1036.jpg


Gîte d'étape communal Saint-Régis

電話:04 71 59 92 36 / 04 71 59 95 73
相部屋11€

鍵の受け渡しはツーリストインフォメーション又はバーle Tire- Bouchonとのこと。
広くて整った設備ではあったけれど、バスルーム以外清掃をされている様子がなかった。
清掃は毎日じゃないのかも。これで掃除が毎日入ってるならかなりおすすめなのだけど。もったいない。
利用者が多くないので使えるレベル。
キッチンは電気コンロから電子レンジまで充実。ヒーターあり。
わたしが到着した時は雨が降っていて外に出る気がしなかったけど、町はなんでもあってこじんまりとしていていい感じ。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Saint-Julien-Chapteuil

DSC_1061.jpg DSC_1057.jpg

DSC_1059.jpg DSC_1060.jpg


Gîte d'étape communal
電話:04 71 08 48 67
1人10.30€

オープニング時間不明だが、個室へのアクセスは18時以降に管理人さんが鍵を持ってきてからしかできない。
管理人さんは公営キャンプ場に駐在。英語がペラペラの女性だった。
一人の場合個室を案内してもらえた。シーツ、ヒーター、机完備。めちゃくちゃ心地よかったです。
町から500m離れたところに巨大スーパーあり。宿のキッチン設備は充実。調味料などは前の人が置いていった場合にあるのみ。
wifiはあったような気がするけど覚えていない。
インフォメーションセンターのすぐ近く。
おすすめ宿。
wifi:? 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


ルピュイの道の宿


Le Puy-en-Velay

DSC_1096.jpg


Gite d’etape Le Relaise du Pelerin Saint Jacques
電話:06 37 08 65 83 / 04 71 09 43 92
パーテーションのある個室風の相部屋 朝食付き寄付制

15時オープン。シングルベッド。
キッチンはあるが電子レンジ以外は使用禁止だった。お湯はもらえると思う。
町の中心部で寄付制、清潔でした。
わたしの時は予約する人が少ない日で飛び込みの人ががんがん入っていましたが、この数日前は満室で予約もとれなかったという人にあいました。
フランスに到着し次第速攻電話して予約するのが吉。
おすすめ宿。
wifi:? 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Monistrol d'Allier

Gîte d'étape communal de Monistrol-d'Allier
電話:+33 471 57 24 14
相部屋 夕食付き23€

宿泊だけなら11€だったと思う。
町の中心部から500m程離れている。
夕食は温め直すもので美味しくなかったのでおすすめしない。
部屋は綺麗だったが、ヒーターがある部屋とない部屋があり、かなり寒かった。
キッチンは充実。
管理人さんは英語が通じる。
wifi:X 台所:◯ ATM:? スーパー:? パン屋:? バー:◯ レストラン:◯


Gévaudan

Gîte d'étape Le Sauvage en Gévaudan

電話:+33 471 74 40 30
相部屋 16.50€ 夕食15€

朝食も可能。シングルベッド。
きっちんも充実していて洗濯機乾燥機も利用無料。ただし混み合ってるので使えないことが多い。
夕食はかなり美味しいのでキャンプ組も夕食を食うべし。
スタッフで英語が話せる人がいる。
周りに何もないがのんびりしたところ。
かなりおすすめ。
wifi:? 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


Lasbros

Gîte Chez Marie en Aubrac
電話:+33 466 470 894
相部屋 朝夕食付35€

15時チェックイン厳守。シングルベッド。
朝食抜きは不可。夕食抜きは可能。
ご飯が美味しいし、清潔でとても居心地がよかった。
主人は英語が話せる。
おすすめ。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Aubrac

Gîtes du Royal Aubrac
電話:+33 565 44 28 41
二人部屋 朝食付30€

おすすめしません。
普通のホテルの部屋をシェアする形になるので、個室として38€だっと思うけど、それを払うならありです。
部屋はバスルーム付きですがタオルなどはなし、コンクリート打ちっ放しの部屋でヒーターの効きは弱かったです。
晴れていれば施設自体は悪くなかったかもしれませんが、夕食がレンチンなのはいただけない。
朝食も普通でした。
電話受付してくれた女性は英語がペラペラでしたが、レセプションにいた女性はフランス語オンリーで一生懸命対応してくれました。
んが、くっそ寒さに震える時にあんなのんびり対応されても寒いだけど寒さに倒れるかと思いました。
aubracの公共Giteが開いてなかったので2km弱手前のここに予約とりましたが、公共Giteがだめなら前後の村に宿をとることをおすすめ。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Espalion

Gîte d'étape Au Fil de l'Eau
電話:+33 624 831 936 / +33 677 585 308
相部屋 16€

おすすめ宿。
4人部屋二段ベッドバスルーム付き、キッチン充実、スーパー近い、ツーリストオフィス直ぐ横。
予約時に暗証番号を教えられて早い時間からチェックイン可能。(事前に電話予約必要)
主人は英語可能。
清潔だし、雰囲気よかったです。頼めば朝夕食つけることも可能ですが、泊まっている人のほとんどが自炊してました。
近くにタイ料理のファストフード店あり。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Le Soulie

Accueil au Soulié de Saint Jacques
電話:+33 642 356 901 / +33 649 074 661
男女別相部屋 朝夕食付 寄付制

施設は古いけど、みんなの洗濯ものまとめてしてくれるし、ご飯はつくし素晴らしい宿。
かなりおすすめ。
ボランティア二人と神父?修道士?が営む寄付制巡礼宿。
フランシスコ会の大切なところを守って巡礼者を受け入れてくれている。
ラテン語のミサもこじんまりとして素敵だった。
カソリック信者さんやフランシスコ会所属の教会に行かれてる方には是非是非泊まって欲しい。
フランス語ができればより素晴らし交流ができると思います。
ルピュイの道の宗教関係宿の人々には一目置かれている場所みたいで、ここのスタンプをみると皆感心したように目を細めていた。
英語の不可はボランティアによる。
wifi:X 台所:? ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Conque

Accueil Abbaye de Sainte-Foy
電話:+33 565 698 943 / +33 565 698 512
相部屋12€ 夕食13€

チェックイン時間14時。
その前からでも荷物は中庭に置かせてもらえる。
大きな部屋に二段ベッドがたくさんあるが、十分なスペースがあるので狭苦しさはない。
夕食もフランスの物価を考えればかなりお得。
予約がとれなくても飛び込みの巡礼者のためにベッドの確保があるので一か八か行ってみる価値あり。
おすすめ宿。
英語可能。
wifi:X 台所:X ATM:? スーパー:X パン屋:? バー:◯ レストラン:◯


Montredon


Halte pèlerin Le Saint-Michel
電話:+33 783 384 959 / +33 565 343 820
相部屋 寄付制

シングルベッドと二段ベッドのあるドミトリー。
庭が広くていい感じ。
ドミトリー自身は古臭いが、リビングルームが広くていい感じ。
キッチンの設備は良いが村にスーパーはない。宿で食事の提供もないが、食材を格安で売ってはくれる。
レトルト覚悟でいくべし。
とても感じの良い宿主だったが、ご飯提供がないのであまりおすすめはできない。
自分で食材を運んでいる人にはとても良い場所だと思う。
英語可能。
wifi:X 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Fegeac

Gîte du Carmel
電話:+33 565 342 753
相部屋 朝夕食付 寄付制

15時半チェックイン。シングルベッド。
ボランティアの方によるかもしれませんが、かなり清潔で快適でした。
シーツはついてるので寝袋不要。
台所はあるけれど、自炊不可。
ベジタリアンやビーガンの人は避けた方がいいかも。
わたしが泊まった時はベジタリアンメニューでした。
荷物と靴は教会の中庭の回廊に置きっ放し。中身はカゴにいれれます。
おすすめ。
英語の不可はボランティアによる。
wifi:X 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Themines

Gîte L'étape de la Halle
電話:06-16-11-52-97 / 06-79-05-19-38
相部屋(個室利用)20€ 夕食食材支給 8€

とっても綺麗な宿でした。
キッチンも充実。
これで夕食が提供されていたら最高だったと思います。
主人もすごく親切で可愛い人でした。
私の時は3人しか泊まっていなかったら夕食はなかったですが、別の方のブログで4人泊まってる時は美味しそうな夕食がでていました。(5人以上から夕食提供が建前)
夕食さえ出ればかなりおすすめ。
奥さんが英語が少しできる。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:? バー:X レストラン:X


Rocamandour

DSC_1243.jpg


Le Cantou
電話:05 65 33 73 69
個室 シングルルーム20€

バスルーム共用。朝食は寄付制。夕食はないので自炊かレストラン。1km先にスーパーあり。ドミトリーもあり。
すごく清潔ってこともないけど、全然許容範囲。
ロカマドで最安で泊まれる場所だと思われる。
時期によっては早い内に満室になるのでフィジャックの時点で予約しているのが吉。
フランス語オンリー。
wifi:? 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:? バー:◯ レストラン:◯


Labastide-Murat

Gîte municipal L' Auberge du Roy de Naples
電話:05 65 31 11 50 / 05 65 21 11 39
バスルーム付きツインルーム 一人利用22€

朝夕食はつかないが、近くにレストランもパン屋もある。
キッチンは調味料やら前の人が残していったのか食材が豊富で、近くのスーパーで肉やら野菜を買えば簡単に自炊ができる。
予約はタウンホールにつながるみたいでフランス語のみ。
入り口に期間ごとの管理人の電話番号があるので到着したら電話をする。
ツーリストインフォメーションが開いていれば親切なお姉さんがフランス語で電話対応を助けてくれた。
おすすめとまでは言わないが、かなりお得感のあるGite。
wifi:X 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Vers

DSC_1253.jpg


Le Monde allant Vers
電話:06 85 65 30 78
相部屋 17.15€ 夕食13€

シングルベッドと二段ベッドあり。
15時チェックインは厳守っぽい。
主人のパスカルは可愛い人。
お料理上手だし、部屋はめちゃくちゃ綺麗。
本人も巡礼者だった経験から「わかってるな〜」といいたくなる宿だった。
雨がふっていたから楽しめなかったけど、バルコニーもあるし、宿のそばあ川が流れていてその横にまったりできる公園というか芝生もある。
この辺りはgiteが少ないので早めに予約をしたほうがいい。
フランス語オンリー。
おすすめ宿。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:X スーパー:△ パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


Cahors

DSC_1273.jpg


Auberge de Jeunesse Cahors Le Chai
電話:+33 536 040 080
バスルーム付相部屋 朝食付22.70€ バスルーム付個室 朝食付28€

町の中心部からは約1kmだが翌日の出発点の橋の目の前なので便利。
施設はかなり充実。自炊も可能。綺麗。
個室の値段を払うつもりで一人部屋をお願いしたら、相部屋値段で個室にしてくれた。
部屋数が多いので、部屋が余っていてかつ受付のお姉さんが親切だったのだと思う。
朝食はブッフェ形式。
他のGiteと比べて値段は高いかもしれないけど、部屋の広さや設備を考えるとかなりお得だと思う。
朝の受付は11時まで、午後は15時から。
英語可能。
おすすめ。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Montcuq

DSC_1283.jpg


Gîte d'étape Le Cantourel
電話:+33 682 131 865
バスルーム付相部屋 16€ 夕食13€

清潔な宿で親切な主人。
男女別の部屋にできる限りしてくれているっぽい。シングルベッド。
ただのんびりしてるので、夕食にしても部屋案内にしても場合によっては大幅に時間がかかる可能性がある。
飼い猫あり。
もう一つの人気宿Gîte d'étape Le Souleillouは秋田犬を飼っている。
英語可能。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Moissac

Gîte d'étape L'Ancien Carmel de Moissac
電話:+33 563 046 221 / +33 964 487 199
バスルーム付きツインルーム 相部屋16€ 夕食14-15€

子供達がいた為おそらく通常の相部屋ではなくグレードアップした部屋に巡礼者値段でいれてもらっていると思われる。
かなり綺麗な部屋でした。
子供達がいたから忙しそうでしたが多くのボランティアスタッフと思われる人たちがいました。
ご飯も美味しかったです。
温かいウエルカムがあるわけじゃないけど、庭もあるし良いところでした。
wifi:? 台所:? ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Falamarens

DSC_1319.jpg


Gîte Les Artisans du Voyage
電話:+33 678 935 519
バスルーム付き3ベッドルーム 相部屋20€ 夕食10€ 

コロンビア人の旦那さんとフランス人の奥さん、若い夫婦が経営。
1ヶ月前にオープンしたばかりでこれからどんどん改善したいとのこと。
二人ともスペイン語、旦那さんは英語もぺらぺら。奥さんは片言なら英語が可能。
シングルベッド3台のみの小さなGite。
ベッドシーツもバスタオルもついているので寝袋も必要なし。
とてものんびりしたところで二泊しようかと一瞬でも思ってしまったほど。
料理はおいしい。
おすすめ。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Marsolan

DSC_1330.jpg DSC_1329.jpg


Gîte et chambres d'hôtes L'Enclos du Tabus
電話:+33 562 687 940
相部屋16€ 夕食15€

15時チェックイン。村の中心部から500m程離れている。
わたしが案内されたのは母屋から一番離れたバルコニーのあるバンガローだった。
バスルーム付き二段ベッドとシングルベッド、ダブルベッドの最大5人が入れる部屋に4人。
ただ5人入るとさすがに狭苦しい。
食事なしにしている人にはキッチン付きのバンガローが割り当てられ、そちらのほうが広々として良さそうだった。
プールがあるので暑い時期には良い。寒い時期だったがプールは整備されていた。
食事はかなり美味しかったのでぜひ食事ありにしてほしい。
英語可能。
wifi:X 台所:◯ ATM:? スーパー:△ パン屋:? バー:◯ レストラン:◯


Montreal

Gîte d'étape Compostela
電話:+33 562 286 736 / +33 644 318 282
相部屋16€ 夕食13€

ボランティアスタッフの男性がとても明るくて良かった。
Giteはとても清潔で洗濯サービスも無料でしてくれるので◎。
ご飯は私的にはもうちょっとフランスらしくて、肉があったら嬉しかったかな?
フランスには珍しくバックパックを部屋に持ち込めました。
しかし、わたしの下の段のベッドで寝ていた人が朝起きたら虫に噛まれていました。
噛み痕から南京虫かノミっぽかったです。
フランスのGiteは南京虫をかなり気にしており、鞄と靴の持ち込みはできないところがほとんどです。
フランス人もアジア人並に南京虫被害に遭いやすい人が多いのかもしれません。(イタリア人やスペイン人は南京虫がいても被害に遭わない人が多い)
二段ベッド。オーナーはドイツ人で英語堪能。
wifi:◯ 台所:X ATM:X スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯

La Halte du Rempart
電話:+33 581 681 055 / +33 615 153 438
相部屋 朝食付18€

みんなで夕食を一緒にという雰囲気の宿ではないが、清潔で全てシングルベッドなのが良かった。
アーリーチェックインをさせてもらえて感謝。
オーナーは英語が苦手なのでSMSで予約は可能。(わたしの時は一泊目は満室で断られていた)
モントリオールの二大人気宿ですっかすかの日もあればどちらも満室で次の村に進む人もいる日もあるから早めにベッドの確保が吉。
10€の夕食は思ったより良さそうで頼めば良かったと思った。
wifi:X 台所:◯ ATM:X スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Haget

Relais du Haget
電話:05 62 08 54 02 / 06 11 66 13 98
6人部屋 相部屋13€ 夕食15€

何もない長閑なところにあるGite。周りは草原。
私の時はドミトリーが12€だった記憶だけど曖昧。
夕食に出されるお酒とデザートは絶品。
キッチンはあるので食材持込で自炊は可能。
二段ベッド。
電話予約の際なかなか連絡がつかないのでSMSで予約。SMSの返信も遅い。
フランス語オンリー。
wifi:X 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Aire-sur-l'Adour

DSC_1358.jpg


Hôtel de la Paix
電話:05 58 71 60 70 / 06 81 39 50 02
朝食付相部屋15€ 朝食付個室18€

最高のホテルでした。
一人で個室を予約した場合相部屋にされることはありませんでした。
二人で予約すると一人18€づつで同じ部屋にされていたので、個室がどうしてもいい場合は自分一人で予約が吉。
部屋は広くて外窓もあって明るくて、シャワー付き、トイレ共同、タオルありの普通のホテル部屋。
町の中心部にあるしスーパーも目の前、平日だと更に便利だと思います。
朝食はパンと飲み物だけだけど、コーヒーはドリップじゃなく、バーと同じマシンを使ったエスプレッソ。
おすすめです。
英語可能。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Arzacq-Arraziguet

Centre d'accueil communal d'Arzacq
電話:05 59 04 41 41
相部屋12€

一番大きな相部屋だったが、シングルベッドに各棚とコンセントがあり快適。
人数に対してトイレが一つなのは残念だが混み合うことはなかった。
キッチンも寝室とは別の建物にあるので広くて使いやすい。
スーパーも近い、レストランもパン屋も近場ですごく良いロケーション。
予約をしていたら受付の人がいなくても名前と部屋が明記した紙がはっているので先にベッド確保ができる。
英語可能。おすすめ。
wifi:? 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Arthez-de-Bearn

la boulangerie Broussé
電話:05 59 67 74 46
相部屋13€ 夕食13€

部屋綺麗。全てシングルベッド。
ドミトリーは屋根裏階の開放的な部屋になると思うのだが、この日はなぜかランク上の二人づつの個室案内となった。
パン職人のオーナーなので運が良ければケーキの端切れなどたんまり食べさてもらえる。うまかった。
食事は今までのGiteと比べると劣るけど、どっかからのケータリングっぽい量の多い食事はできる。
町の中心部から500mほど手前。
フランス語オンリー。
wifi:? 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Navarrenx

Le Cri de la Girafe
電話:05 59 66 24 22
二人部屋 相部屋 朝夕食付42€ 最安値のドミトリー 朝夕食付35€

ドイツ人の旦那さんとスペイン人の奥さんが営むGite。
かなり清潔で、ランドリー無料、バスタオル、ベッドシーツありで寝袋不要とサービス抜群。
町の中心部から外れるがすごく近いので徒歩範囲。
料理は熱々できたてを一人一人出してくれるる。
うまい!
キッチンはあるが利用不可。
英語可能。
wifi:◯ 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


■Aroue■

Ferme Bohoteguia
電話:06 75 83 82 61 / 05 59 65 85 69
相部屋 朝夕食付30€

かなりおすすめ宿。
部屋は清潔、広い、シャワートイレたくさん、売店とセルフカフェスペースもあり、ごはん美味しい、無料洗濯サービスあり。
個人のGiteだけどユースホステルっぽいサービス。
至れり尽くせりでこのお値段。
しかもチェックイン時間なんてありませんよ。いつでもきて良いとのこと。
やさしい〜〜〜。
英語可能。
wifi:◯ 台所:X ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Larceveau

DSC_1395.jpg DSC_1396.jpg


Hôtel Espellet
電話:05 59 37 81 91
バスルーム付ダブルルーム 朝夕食付55€

タオル、アメニティ、バルコニーもある立派なホテルルーム。
清潔だし、日当たりの良いバルコニーで何もかも洗って干してもすぐ乾くし最高。
ご飯はすごく美味しかったです。ランチ時間は地元の人でいっぱいでした。
少し高いけど、サンジャンピエドポー前に少し贅沢にゆっくり過ごしたかったここも良いかも。
町のパン屋は午前中で閉まる。
おすすめ。英語可能。
wifi:◯ 台所:X ATM:X スーパー:X パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Saint-Jean-Pied-de-Port

Refuge Accueil Paroissial Kaserna
電話:05 59 37 65 17
相部屋 朝夕食付20€

15時オープン。
シーツあり、コンセント各ベッドにありとかなりお得な宿。
ボランティアスタッフが常駐。
おすすめ。
予約は前日からのみ。
交通機関を使わず自分で荷物を運んでいる徒歩巡礼者の為の巡礼宿。
四人以上のグループも宿泊不可。
英語はボランティアスタッフによる。
wifi:◯ 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


フランス人の道のアルベルゲ


Roncesvalles

Albergue de peregrinos de Roncesvalles
相部屋12€ 夕食10€

14時オープン。宗教団体所有の宿。使い捨てシーツ支給。
一昔は5€だか6€だかのオンボロ巡礼宿だったらしいが大改装して値段も倍になり、かなり綺麗になっている。
ちょっと商売っ気はあるが、施設もそれなりだから許せる。
この宿で盗難被害続出。貴重品はロッカーに鍵もあるのできちんと保管すべし。
夕食は2つのレストランのうちどちらかに回されると聞いたが、とりあえずわたしが食べた方がかなり残念だった。
20時からボランティアによる修道院案内があるらしいが、眠たくて参加しなかった。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


Zabaldika

Albergue parroquial de Zabaldika
電話:09 48 33 09 18/ 06 19 43 68 63(予約不可)
相部屋 朝夕食付 寄付制

パーリッシュの宿。使い捨てシーツ支給。
フランス人の道の中で質、人の良さ、全てにおいて満点、ナンバー1のアルベルゲでした。
ほとんどのベッドがシングルベッド。
中途半端な位置ですが、ロンセスバレスからは1日でこれます。
運悪く満室だったらパンプローナまで8km歩けばいいだけ。
ロンセスバレスではなくEspinalに宿泊すれば、なかなかちょうど良い距離でここにストップできます。
ボランティアスタッフによってオープン時間変動。私の時は14:30。
18時から教会見学と鐘つきをさせてもらえる。
ミサと集会はお試しでもいいので参加してみてください。良い経験いなると思います。
カミーノのルートから外れる。
Zabaldikaの丘の上の教会を目指していればわかりにくいがパーリッシュの家みたいな看板が出てくる。
食事は皆でとるため自炊不可。
アレルギーやベジタリアンは事前に申告すればメニューは考えてもらえる。
どうしても自炊をしたいのなら泊まらない方がいいと思う。
パーリッシュの寄付制宿は皆でご飯を食べることも重要視していて自炊を大体どこも禁止している。
wifi:◯ 台所:△ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Puente la Reina

Albergue de los Padres Reparadores
電話:09 48 34 00 50 (予約不可)
相部屋 5€

100人は収容できる巨大アルベルゲ。
一番遅い到着組だったわたしは8人部屋に案内された。
裏庭には芝生があり、洗濯物干し場が広い。
安さを考えれば全て許容範囲。
16時頃には満室になったので、ピックアップカーやタクシーを使いたくない人はAlbergue Jakueに予約してベッドの確保していた方がよい。
充電はダイニングにある複数口コンセントが利用できる。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Ayegui

Albergue de peregrinos San Cipriano
電話:09 48 55 43 11
相部屋 10€

12時オープン。公営アルベルゲ。使い捨てシーツ支給。
体育館の中にあるアルベルゲ。
部屋はとても広くて施設も綺麗。
難を言うならキッチンは地下なのに、ご飯を食べれる部屋は上の階と料理を持ち運ばないといけない点。
ホスピタレーロの一人だけすごく感じが悪かった。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Viana

Albergue parroquial Santa María
予約不可
相部屋 朝夕食付 寄付制

パーリッシュの宿。
サンタマリア教会真横というより併設の建物。階段を上がると受付。
ベッドはなく床敷きマットレス。
朝食6時半、夕食20時半、ミサ20時とスケジュールが決まっている。
キッチンはあるが自炊不可。
マイペースを守りたい人は止まらない方が無難。
私的にはおすすめ。
wifi:? 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Najera

Albergue de peregrinos de Nájera
予約不可
相部屋 寄付制

公営アルベルゲ。
野戦病院系アルベルゲでベッドとベッドがひっついている。
私が泊まった時は規模の割には空きベッドが多かった。
南京虫がいなかっただけましだが、おすすめしない。
wifi:? 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Redecilla del Camino

Albergue de peregrinos San Lázaro
予約不可
相部屋 5€

公営アルベルゲ。
Gronzaでは評判もよく、寄付で夕食もつけれるとあったが、そんなものはない。
夕食は近くのバーで19時から可能(多分少し早くてもOKだと思う)。わたしの時は11€。美味しかった。
施設だけを見れば安いし悪くはないが、詰め込み式でいれらるので遅く来た方が広くて人の少ない部屋になれる。
私が泊まった部屋は掃除が行き届いてるとは言い難かった。
南京虫がいないだけましだが、おすすめではない。
wifiはバーにある。
wifi:X 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:X


Tosantos

Albergue parroquial San Francisco de Asís
予約不可
相部屋 朝夕食付 寄付制

アシジの聖フランシスコのパーリッシュの宿。
13時オープン。
夕食は皆で一緒に用意するので実際食べれるのは20時過ぎ位。
床に薄いマットレスがぎゅうぎゅうに詰め込まれている。
収容人数は一応あるが、何人来てもどうにかこうにか受け入れると言っていた。断らないらしいよ(素晴らしい!)
宿の設備とかじゃなく、ホセルイスの志というか温かさを感じるアルベルゲだった。
大きすぎない規模も良い。
wifi:X 台所:△ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:△


Cardenuela Riopico

Albergue Vía Minera
電話:06 52 94 16 47
大部屋 5€(4人部屋は8€) 夕食9€ 朝食2,50€

清潔、シーツあり、コンセントあり、広々スペース、プールあり、言うことなし!
夕食も美味しかったです。
朝食はかなり残念だったので断った方が良い。
おすすめ。
村には後2つアルベルゲがあり、公営は美味しいコーヒー飲めて非常に心地が良く、もう一つの私営はご飯が美味しかったそうです。
wifi:X 台所:X ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


Burgos

Hostal Manjón
電話:09 47 20 86 89
個室 共用バスルーム23€

チェックイン時間は13時から。
早めに行って荷物を預かってもらうことは可能。
中心部からは少し距離があるが、ベーカリー、カフェ、レストラン周りになんでもあり。
Arco de San Juanから徒歩5分もかからない。
共用バスルームも清潔で一泊目は非常に快適に過ごしたけれども、二泊目の夜に恐らくディディヤの部屋か彼の荷物についていたであろう南京虫に取り憑かれたかもしれない。
謎の虫噛まれあり。
おすすめの宿ではあるが、あれが南京虫であったら何とも言えない。
wifi:◯ 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Hontanas

Albergue Santa Brígida
電話:06 28 92 73 17
6人部屋 8€

ホームページでは7€とあるので、8€とでかでかとボードがレセプションにあった。
施設はかなり綺麗、部屋も広い。
コンセントも各ベッドにあり。
目の前が公営アルベルゲでそちらも8€、ただし夕食付きにすると15€と安い。そちらも綺麗らしい。
村の中心部にある私営アルベルゲ6€。
おすすめ。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Poblasion de Campos

Albergue de peregrinos de Población de Campos
電話:+34 979 811 099
相部屋 5€

公営アルベルゲ。
Hotel Amanecer en Camposで受付。
サングリアのウエルカムドリンクあり。
Hotel Amanecer en Camposで夕食は9€で食べられる。
個人的にはランチの方がうまそうだった。
全然混んでいなくて良かった。
が、誰かが連れ込んだと思われる南京虫の赤ちゃん一匹出現。
村には3つバーがあり、その一つが売店を兼ねていてパスタくらいの材料なら野菜も含めて売っている。
wifi:X 台所:◯ ATM:X スーパー:△ パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


■Calzadilla de la Cueza■

Albergue de peregrinos de Calzadilla de la Cueza
予約不可
相部屋 5€

広くて綺麗なアルベルゲ。
食事は軽食は隣の私営アルベルゲのバー、メニューはHostal Camino Realで可能。
電子レンジ位しか自炊施設がない。
wifi:X 台所:△ ATM:X スーパー:△ パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


Bercianos del Real Camino

Albergue La Perala
電話:+34 685 817 699
バスルーム付きシングルルーム28€ 相部屋10€

綺麗で庭が広くて併設のバル兼レストランのメニューは美味しくてお得。
おすすめ。
wifi:X 台所:X ATM:X スーパー:△ パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


■Mansilla de las Mulas■

DSC_1534.jpg


El Delfín Verde
電話:+34 987 312 065
バスルーム付き個室 25€

ホテルルームなので、タオルやシャンプーなどあり。
綺麗ではないがバルコニーも車道に面してあり。
一階のバル兼レストランで10€で食べられるメニューはなかなか美味しかった。
5€で相部屋もある。
昔の書き込みに南京虫ありとあったせいか人気がないが、宿泊者に聞いたところ広くて清潔で人もいなくて快適だったらしい。
ホテル内には談話室みたいなところもある。
完璧な清潔さを求めないならコスパが非常に良い宿。
町はぶさいく。
wifi:◯ 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


■Valverde de la Virgen■

Albergue La Casa del Camino
電話:+34 987 303 455 / +34 669 874 750
相部屋 8€ 夕食 10€

使い捨てシーツ支給。男女別バスルーム。洗濯もの干場広い。庭が広い。食事うまい。フレンドリー。ウエルカムドリンクあり。
唯一の欠点はかなり忙しい道路横。
道路を横切ってアルベルゲに行かないといけないのだが、あまりに交通量が多くてなかなか横切れなくて怖かった。
町まで500-600m行けばバルもあるが周りには何もない。大した距離じゃないが、道路をまた横断しないと歩ける道がないので面倒。
wifi:◯ 台所:X ATM:X スーパー:? パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


Santibáñez de Valdeiglesias

Albergue parroquial de Santibáñez de Valdeiglesias
相部屋5€ 夕食10€

とにかくボロい。お勧めしない。
何部屋かあるが、一番ボロくぎゅうぎゅう詰めの部屋から人を入れていく。最後に到着したドイツ人のおじさんは広くて綺麗めな4人部屋を一人利用できていたのが羨ましかった。
ただ、夕食は量も多くて美味しい。
別の宿から何かご飯をたべさせてくれと食べにきていた人もいたので、別の宿に泊まって夕食だけ予約をして食べれば満足行くと思う。(お得な夕食は予約したほうが無難)
wifi:◯ 台所:X ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:◯


El Ganso

La Barraka
相部屋7€

シングルベッド4つと二段ベッド4つの大部屋。
綺麗で居心地が良い。
唯一の欠点はドアノブが硬くてトイレに行くたびに結構な音が鳴ること。
泊まる人が少なければいいが、少し気を使う。
夕食は量が多くて美味しい。
村に入って直ぐにバーが二つ並んでる内の自動販売機がある方がアルベルゲ。
アルベルゲとは一切看板がないので中のバーに入って主人に泊まりたい旨を伝えればいい。
wifi:◯ 台所:X ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:X


Riego de Ambrós

Albergue de peregrinos de Riego de Ambrós
相部屋 6€ 夕食8€

かなりおすすめ。
清潔、使い捨てシーツ支給。中庭あり。
仕切りとドアが2ベッド又は4ベッドごとにあるのでプライベートが保てる。
ほとんどの巡礼者がMolinasecaかエルアセボに宿泊するのでここが満室になるのはかなりまれだと思われる。
管理人は一見塩対応だが、巡礼も何度もしてる方なので色々情報を仕入れたいならお話すると楽しいと思う。
英語もペラペラ。
夕食はシンプルながら味付けがしっかりされていてかなり美味しかった。
天気がよければお庭でみんなで食べるスタイルで少人数の巡礼者しか泊まらないので必然的に会話が生まれ楽しく過ごせた。
唯一の欠点は綺麗に掃除されたバスルームだが、ハリボテ壁なので音が響きやすい。
宿泊者がすくなければ気にならないが、多いと気になるかも?
あと少しベッドスペースは暗い。
wifi:X 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:X レストラン:X


Camponaraya

Albergue La Medina
個室シングル利用18€ 相部屋10€

大量の南京虫に襲われました。危険宿。
正直言います。
宿自体はめちゃくちゃいいです。
個室も安いし、ドミトリーも二段ベッドですが天井の高いベッドで横幅も広く、綿のシーツを支給されます。
コンセントも各自確保が可能です。
バスルームもとても綺麗で、部屋のデコレーションもオーナー家族が自分たちでやったようでとても素敵です。
ただ、南京虫がいました。
彼らも持ち込まれて何度も駆除をしているようですが繰り返し持ち込まれると言っていました。
だけど、宿の壁は薄い石を積み重ねたこの地方独特の作りで、少なくとも個室の床は板張りなので南京虫が隠れるスペースは幾らでもありました。
完全駆除はかなり気合いをいれないと難しそうに見えます。
個室は利用しない方がいいです。個室に繁殖してる感じです。
ドミトリーには個室に繁殖してるのが時々やってくる感じだと思います。
日中明るい時間に襲われたのでよほどお腹が空いていて、夜はドミトリーまで遠征して襲ってきたのかもしれません。
口コミを見る限り多くの人は南京虫に襲われていない模様。
わたしも最終的に移動した場所は大丈夫でしたが、かけにでる必要はないと思います。
近くに「アルベルゲナラヤ」があり、泊まった巡礼者がとても清潔だったと言っていたのでそちらをお勧めします。
wifi:? 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:? バー:◯ レストラン:◯


Ruitelán

Albergue Pequeño Potala
相部屋5€ 夕食8€

お勧め宿。
施設はぼろいです。
この辺りはアルベルゲがたくさんあるので6−8€も出せばもっと綺麗なところに泊まれると思います。
ここの激推しポイントはホスピタリティに溢れた宿だからです。
古き良き巡礼宿という感じ。
夕食はみんなで食べるスタイルです。
朝は6時とか6時半に音楽が流れて強制的に起こされます。めちゃ陽気な音楽で(笑)
夕食は量も多くてめちゃ美味しかったです、絶対に食べるべし。
部屋もできる限りばらけさせて、カップルとか二人組はいっそ二段ベッド1つしかない個室に案内されていました。
wifi:X 台所:X ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:X


Triacastela

Albergue Berce do Camiño
相部屋6€

お勧め宿。
掃除もされてるし、何と言っても町の最後のアルベルゲだから人がほとんど利用していない。
屋上も広々使える。
私以外も4人位(2カップル)宿泊客がいたっぽいけど、みんなそれぞれの部屋に充てがわれてたっぽい。
宿の主人は愛想はないが、なにをしてても放っておいてくれる感じで案外居心地は良かった。
巡礼者と交流したかった物足りないかも?
バゲット系を売っているパン工房はある。
wifi:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:△ バー:◯ レストラン:◯


Portomarin

DSC_1643.jpg


Pension Boa Vista
ツインルームシングル利用25€

共用バスルーム。ベッドは2つともセミダブル。
個室なのでもちろんタオルもあります。
部屋もバスルームも綺麗で窓からは川と橋が見える上に教会までも近く、スーパーも宿をでてすぐのところにあります。
ロケーションも最高です。
公営アルベルゲのすぐ近くのPension Marのご主人の紹介。
Pension Marのご主人も非常に感じが良かったですが、ここの女主人もとっても感じが良かったです。
窓際のベッドが頻繁に使われてるせいかマットレスが凹みやすくなっていたので手前のベッドを使いました。(こちらのマットレスはめちゃ良かったです)
お勧め宿。
お値段に関して直接予約するのと紹介されるのでは違うかもしれません。
安いかもだし、高いかもです。
教会横のPosada del Camino Restauranteが安くて美味しいご飯が19時から食べれます。ウエイトレスの女の子がとっても感じが良いです。
20時からミサなのでそのままミサ参加もできて便利。
wfii:◯ 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Casanova

Albergue de peregrinos de Casanova
相部屋6€

使い捨てシーツ支給。
立派なキッチンはありますが村にはスーパーはないので大きな町で買い込んでくる必要あり。
施設は良い。
管理人は淡白な対応ですが、宿自体は掃除はされているしほとんど誰も泊まらないので広々と使える。
ほとんどの巡礼者がMelideを目指すので宿泊者も少なくのーんびりするにはいいところ。
私の時は私をいれて6人、前日と前々日は宿泊者が0だった。
村唯一のバルはとてもフレドリーな家族が経営していて、いつ行ってもメニューを提供してくれるので食事の心配はない。
メニューのメインメニューの選択に豚の耳はお勧めしない。別のにしましょう。
個人的にはお気に入り宿。
wfii:X 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:X


Santa Irene

Albergue de peregrinos de Santa Irene
相部屋6€

使い捨てシーツ支給。
公営アルベルゲで翌日にサンティアゴ・デ・コンポーステラに到着するには良い距離なので若者巡礼者で溢れまくっていた。
壁に1匹の南京虫を発見。わたしの下の段のベッドに寝転がっていた若者が不潔そうな感じで見た瞬間「こいつ何か持ってるかも」と感じたので彼が持ち運んでいただけで宿に繁殖していたわけではないかもしれないが、部屋替えはしてもらった。
2部屋あり、大部屋から詰め込み式で入れていくのでもう一つの部屋は利用頻度が低く清潔目で人も少なくて良かった。
こちらもキッチン施設は整っているが、村にスーパーはない。
すぐ近くにバルがあり、良心的な値段でプレート料理(一皿にメインとサラダとポテトとかのっているやつ)を提供しているので食事には困らない。
2つ目の部屋に泊まれたから最終的には良かったが、1つ目の部屋の詰め込み具合はなかなかだったし、南京虫がいるかもしれないのでおすすめはしない。
wfii:X 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:X


Santiago de Compostela

DSC_1676.jpg

DSC_1677.jpg


Albergue Seminario Menor
シングルルーム17€ 

使い捨てシーツ支給。
洗面台、外窓、机、椅子、クローゼットがある。
値段を考えるとかなりお得なお宿。
ただ、過去、南京虫被害にあってる人もいたので部屋にはいってチェックは必要。
キッチンは地下階に大きなものがあるが、時間帯により混み合っている。
町の中心部までは2kmはあるが街並みを見ながら歩いてたらあまり距離は感じない。
お勧め宿ではあるが、私的に一番のお勧めなのは銀の道の時に利用したCasaFelisaという大聖堂近くのペンション。
値上がりして今は共同バスルーム個室シングル利用は25€らしい。
ピナリオの巡礼者受け入れ(当時は22€で朝食&バスルーム付き個室が巡礼者値段、今の値段は不明)は未だにやっているとは聞くがメール予約のみでやはり早い時期でないと予約はとれないと聞いた。
wfii:? 台所:◯ ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Camino de Fisterraのアルベルゲ


Vilaserío

Albergue O Rueiro
相部屋12€ 夕食10€

部屋は普通。そこそこ綺麗。
バルの外の庭が景色がそこまで言い訳ではないが、のーんびりできて良い。
食事がかなり量がありおいしい。
主人は愛想はないが、バーテンダーの感じがすごく良い。
この村には寄付制の公営アルベルゲがあるが、絶対に利用しない方がよい。
2015年には私が利用していた時よりも酷い状態になっていた。
壁には南京虫と戦ったらしき痕がたくさんあり、おそらく南京虫の巣窟になっていそうな様相だった。
A Penaにあったアルベルゲも良さそうだった。
wfii:? 台所:X ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:◯ レストラン:X


Cee

DSC_1709.jpg


Pension Beiramar
朝食付きバスルーム共用個室20€

狭いが、ゴージャスな感じの清潔な部屋。
廊下が絨毯敷きなのが土足なので気になった。
共用のテラスに冷蔵庫に、朝食用というがいつでも食べてもいいケーキやコーヒー紅茶などがあり、のんびりするのに良い。
以前使ったAlbergue Camiño de Fisterraに行ったが閉まっていて、近所のおじさんがオーナーが同じだというこのペンションに連れて行ってくれた。Albergue Camiño de Fisterraは営業していないとのこと。永年なのか一時的なのかは不明。
雨が降って面倒臭かったのでそのまま個室に泊まったがそれはそれでゆっくり眠れて良かった。
安いし、たまには個室もいいと思っている人にはおすすめ。
wfii:◯ 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


Fisterra

DSC_1724.jpg


バスルーム共用個室15€

南京虫注意報!!!!
ここでは少なくとも4匹の南京虫を仕留めました。
非常に清潔で安くて便利な場所にあるペンション。
前回は安い部屋は空いておらずバルコニーのある部屋を20€で泊まっていた。
安くて清潔で最高の宿だと思っていたので非常に残念です。
別の部屋に泊まった人は南京虫はいなかったと言っていた。
宿のご主人は窓を開けてたから外から入ってきたと言っていたが(確かに一晩中窓を開けていた)実際のところは不明。
とてもいい宿だけに、勇気のある人は一か八か泊まって今はどうなっているか教えて欲しい。
管理人不在ということで一時閉鎖されてた公営アルベルゲは現在土日祝日はクローズ、平日は営業という形でオープン。
一度公営アルベルゲにチェックインしたのですが、カビ臭く、掃除や手入れがされていない状態な上に徹底的に南京虫チェックをした結果、壁とドアの縁にある隙間の中に生息しているのを見つけました。
公営アルベルゲも南京虫注意報です。
wfii:◯ 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯

イギリス人の道のアルベルゲ


A Coruña

DSC_1743.jpg


Pension Alameda
バスルーム付個室22€

ネット予約もしていない宿。歩きまくって見つけました。バルのカウンターで受付。
アコルーニャ観光をするになかなか良いロケーション。
すごく清潔とは言い難いですが、値段を考えるとかなりお得。
アコルーニャのペンションを何軒も回ってようやく納得お値段を見つけました。
アコルーニャの宿の物価は高いのでかなりおすすめできます。
一階のバルは綺麗なスーツを着込んだおビジネスマンが昼時はたくさんいました。
wfii:X 台所:X ATM:◯ スーパー:◯ パン屋:◯ バー:◯ レストラン:◯


O Outeiro

Albergue de peregrinos Rectoral de Poulo
相部屋6€

使い捨てシーツ支給。
2019年にできたばかりの新しいアルベルゲ、枕元だけでもしきりをされているのでベッドもプライベード感がある。
洗濯物を干す場所が納戸みたいな場所だけな上に狭い。
立派なキッチンはあるが、スーパーがないため食料を持ち運んでいない人は食事は隣のペンションでとるしかない。
少々お高いが、それなりに美味しかった。
Hospital de Brumaのアルベルゲが満室だったのでここが満室だったらSigüeiroまで50km歩く覚悟はしていた。
巡礼者が少ないといえども数日しか歩かなくていいイギリス人の道は早い時間でアルベルゲが満室になるみたいなので長距離あるくならそれなりの覚悟を持って歩いた方がよいかもしれない。
wfii:X 台所:◯ ATM:X スーパー:X パン屋:X バー:△ レストラン:△
ぷ-子
Posted by ぷー子
訪問国数:52カ国
次の旅立ちまで後
2019年放浪イヤー終了。ジュネーブからフィスティーラまで2000km巡礼旅の様子を徐々に更新します。2020年の旅は3月ヒマラヤ街道からスタート。40歳という年にやりたいことをやりまくる為に頑張って働くぞーp(^-^)q
more about me
自己紹介 (1)
国別情報 (15)
旅情報(その他) (2)
海外放浪2019(118日) (86)
スリランカ (6)
スイス② (1)
2019巡礼の旅情報 (3)
via Gebennensis (14)
ルピュイの道 (28)
フランス人の道 (27)
Camino de Fisterra (3)
イギリス人の道 (1)
スペイン② (1)
海外放浪2017(191日) (116)
トルコ④ (2)
ブルガリア (20)
イギリス (4)
2017巡礼の旅/Via Francigena (76)
アルバニア (3)
ブルガリア② (2)
ギリシャ② (1)
マレーシア② (5)
タイランド⑳ (1)
海外放浪2015(110日) (68)
海外 UAE (1)
モロッコ (15)
2015巡礼の旅/Via de la Plata (51)
海外放浪2014(135日) (74)
インド③ (14)
パキスタン (37)
中国④ (15)
タイランド⑲ (7)
シルクロード2012(206日) (5)
カザフスタン (3)
アゼルバイジャン (1)
イラン (1)
海外放浪2010(132日) (26)
イスラエル⑤ (25)
タイランド⑯ (1)
海外放浪2009(284日) (15)
タイランド⑮ (1)
イスラエル④ (3)
インド② (11)
海外放浪2007(294日) (6)
インド① (1)
海外放浪2006(336日) (57)
アメリカ⑧ (20)
アメリカ⑨ (37)
海外放浪2005(159日) (68)
タイランド⑤ (1)
カンボジア (6)
タイランド⑥ (8)
日本 (4)
アメリカ⑦ (49)
海外放浪2004(209日) (42)
アメリカ⑤ (4)
タイランド③ (2)
タイランド④ (1)
イスラエル② (4)
アメリカ⑥ (31)
NewYork留学 2000-2001(356日) (61)
2014 出雲大社巡礼 (5)
日常(日本) (482)
結婚&ビザ手続き (3)