2019年巡礼の旅:基本情報

2019年11月07日
2019巡礼の旅情報

期間と時期


期間:2019年4月21日から7月1日(72日、内2日休息日)
歩行距離:約2020km
出発点:スイス、Geneva
到着点:スペイン、Fistela

巡礼路の紹介


via Gebennensis
歩行日数:14日間
公式距離:約351km
出発点:ジュネーブ、スイス
到着点:Le Puy-en-Velay、フランス
ドイツ南部から続くヤコブの道とルピュイの道をつなげる為に地元の有志達が確率したトレイル。
非常に穏やかで美しい道で純粋にトレイルも楽しめる。
道標はかなりしっかりしていてGPSルートを見なくても歩ける。
よく考えられた道なので、この道に関しては下手に近道をせずに道標通り歩いても良いと思える。
アップダウンが思ったよりも多くて巡礼のはじめに足腰を鍛えられた。
巡礼者が少ない分宿争奪戦はないが、宿自体も少ないので歩ける距離、宿のオープン時間などを考えて歩かないといけない。
予約は必須とまではいかないが、せめて当日歩いている途中にでもしていた方が何かと便利だとは思う。
道の途中にバーやレストラン、スーパーマーケットは少なめなので常に携帯食や自前のサンドイッチ十分な水は持ち歩いた方が無難。
少なくとも15kmに一度は水場があるのでそれほど心配することはない。

via Podiensis
歩行期間:27日間
公式距離:約732km
出発点:Le Puy-en-Velay、フランス
到着点:サン・ジャン・ピエ・ド・ポー、フランス
日本ではルピュイの道として知られ、フランスではGR65またはChemin de Saint-Jacques(ヤコブの道)”と言われている。
5月は雨と風でとても寒い。
朝方は氷点下で耐えがたい寒さ。
景色を楽しむというよりもほとんど修行のような道だった。
アップダウンはそれなりにあるが、via Gebennensisの方がきつかったような気がして案外楽だった。
道標はしっかりしている。
5月から夏にかけて巡礼者が非常に多く場合により宿の確保が難しい時もある。
特にホリデーシーズンには宿の確保を早めにするのがポイント。
一般的に宿で食事を皆で一緒に食べるがフランスの家庭料理は非常に美味しく、フランスグルメも楽しめる。
英語はほとんど通じないが、フランス人はとてもフレンドリーで優しい人が多いのでなんとかなる。
道の途中にバーやレストラン、スーパーは十分にある。
フランス人の道と比べて「全然ない!」という人も多いが、十分すぎるくらいあると思う。
時々ない時があるので地図や情報を確認しながら歩いたほうがいい。
ルピュイの道は小さな村にも水場とトイレを巡礼者のために作ってくれていたり、役場を日曜でも開放してトイレを使わせてくれたりしている。
墓場も水を確保できるポイントで、大抵門は空いているのチェックすべし。
ルピュイの道は800ml位の水と携帯食を常に持ち歩いていたが、2日くらいはひつようだったが、他の日は水場で水をまめに補給すれば500mlだけでもなんとかなっていた。
暑い日は水をたくさん飲むので多めの水を常に運ぶことになると思う。

Camino de Frances
歩行期間:26日間
公式距離:約764km
出発点:サン・ジャン・ピエ・ド・ポー、フランス
到着点:サンティアゴ・デ・コンポーステラ、スペイン
日本では「フランス人の道」「カミーノ」「スペイン巡礼」「サンティアゴ巡礼」として知られている。
サンティアゴ・デ・コンポーステラへ続く道の中で最も有名で最も巡礼者が多い。
2019年は例年にない寒い6月となり暑さに苦しむことはほぼなし。
道はアップダウンがほとんどなく、山越えがあったとしても普段からウォーキングをしていたりハイキングに行く人ならきつい道はない。
むしろ平な道が多くて辛いかもしれない。
宿は必要十分にあるが、巡礼者が多く集まる町や村は安いところ16時前後には満室になることもある。
人気のない小さな集落に泊まると驚くほど巡礼者がいない。
宿の予約は必要ないが、のんびりマイペースに歩きたいという人は距離の制限がかかるが早くつく必要もなくなるので予約をして道をゆっくり楽しむという手もある。
公営アルベルゲは予約不可が多いが、私営は予約できる。
水や食料の確保の心配はなし。
どこでもいつでも、食料・水の確保はできる。
500mlのボトルを常に水場で補給していっぱいにしていれば水が足りなくなることはない。
1日だけ17km水場がないところがあり大量の水の用意をしました。

Camino de Fisterra
歩行期間:3日間
距離:約88km
出発点:サンティアゴ・デ・コンポーステラ、スペイン
到着点:フィスティーラ、スペイン
2日で歩く人もいれば4日でのんびり歩く人もいる。
フィスティーラまで歩いてきたという巡礼証明書はツーリストオフィスでもらえる。
道標はぼんやりしていなければ見逃すことはない。
フランス人の道とほぼ同じ間隔くらいであるので地図がなくてもなんとかなる。
フランス人の道ほどではないがそこそこ良い距離でバルがあるので水場をそこまで気にしなくても良い。

Camino de Ingres
歩行期間:2日間
距離:約74km
出発点:A Coruna、スペイン
到着点:サンティアゴ・デ・コンポーステラ、スペイン
イギリス人の道として知られる道。
フェロールから歩く人が多いのは巡礼証明書が貰えるから。
アコルーニャからは100km未満なので歩く人はとても少ない。
道標は非常にしっかりしている。
一箇所交通量の多い陸橋を渡る道があり、歩道は白線を引いた狭いところだったので本当に歩いていいかどうかしばらく悩んだが、そこが正しい道だった。
そこ以外は問題なし。むしろ人が少ないのに必要十分な程だ。
バルは程よい距離にあるし、水場もあったので、大量の水を持ち運ぶことは不要だが、暑さによると思うので、最低でも500ml~1lは持ち歩いた方が良い。
フェロールからの道と合流後、少ないながらも巡礼者が一気に増え巡礼宿が満室になりやすい。
午後の早い内にストップをかけないと危険。
計画的に歩いた方が良いかも。

巡礼予算


前回の巡礼で痩せこけてしまったので、今回の巡礼は(特にフランスは)「食事をけちらない」というマイルールがあった。
その為、あまりお金をことを考えず外食をしまくっていました。

スイス、フランスでは全てコミコミで22万円位。
スペインも全てコミコミで13万円位。

今銀行口座の引き出し履歴を見てびっくりなのですが、スペインは使い過ぎですね。
安い宿ばかりつかっていたのにこれは多すぎです。
自炊はほぼなし、朝食もバルで、ランチまたは夕食が10−12€程度でほぼ毎日外食していたので、食費が1月4-5万円と考えると多すぎるということはないかもしれませんが、もっと節約すれば良かったかもしれません。
フランスは食事を楽しめる時は楽しんだのでこんなものでしょう。
思ったより少なくて良かったという感想。

フランスは兎も角、スペインはもっと節約ができます。
わたしみたいに自炊なし時々個室でも予算はこんなもので済みます。

クレデンシャル


熊野古道との共通巡礼手帳を田辺市観光振興課にメールで問い合わせ2つ送ってもらった。

宿


アルベルゲ(巡礼宿)情報」に宿泊した全宿詳細あります。
合わせて「南京虫対策マニュアル」もよろしければお読みください。
フランス人の道の南京虫の遭遇率はかなり高いです。

ガイドブック


私自身利用なし。

via Gebennensisはガイドブックがあった方がいいです。
道標は全く問題ないのですが、宿情報がネットで探すだけだとかなり少ないです。
通称「イエローブック」と呼ばれるガイドブックには宿情報が豊富です。
Gite情報もですが、「サンジャックの家」と呼ばれる巡礼者をボランティアで泊まらしてくれる方達の連絡先があります。
フランス語しか話せない方達もいますが、びっくりするくらいのホスピタリティで迎え入れてもらえます。

ルピュイの道はガイドブックで有名なのは「Miam Miam Dodo」です。
Gite情報が豊富でほとんどのフランス人がこちらのガイドブックを利用しています。

フランス人の道は巡礼だけなら不要。
巡礼道にある歴史的建築物や小話など知りたい人は持っていっても良いかもしれません。

Simカード


free mobileを利用。
19.99€で100GBのインターネットができてフランス国内電話であればSMSも通話も無料、日本の固定電話への通話も無料。
規定の国外でもその国の電話への通話とSMS無料、25GBのインターネットができるという最高のプラン。
まずは1ヶ月の契約をしてインターネット上の自分のアカウントから契約延長をできるのも便利。
sim購入は自動販売機でできますが、全てフランス語。
こちらの「Kenta-blog」さんが購入方法を詳しく書かれているので参考にしてみてください。

お役立ちリンク


Gronze
正直言って、このサイトさえ確認できればルピュイの道以降はガイドブックは要らないと思うほど優秀。

Chemin de St-Jacques
via Gebennensisの基本情報がわかるサイト。
宿情報などはないが、高低差や距離の確認、GPSルートデータが入手可能。

www.chemindecompostelle.com
Miam Miam Dodoのwebサイト。
本屋アプリほど多く宿情報はないがそれなりに役立つ。

・ロカマドルートを歩く場合のGPSルート入手リンク
G6GR46を利用して歩く。
フィジャックのツーリストインフォメーションでもこのサイトのコピーはもらえるが、GPSルートデータ以外はそれほど役に立たない。

Maps.me
いろいろ巡礼アプリをいれるより、kmlデータをとりこんでこちらのアプリで確認する方がわかりやすい。
神アプリ。

Runtastic
わたしのスマホでは正確な距離を測れたがiphoneを利用している方では全くとんちんかんな距離を計測していた。
GPSで距離を測るアプリなので、中に入れているアプリとの干渉か、利用できるバンドによる通信環境の良し悪しか理由は不明。
自分のスマホと相性が悪いなと思ったら別アプリを利用した方が良い。
ぷ-子
Posted by ぷー子
訪問国数:52カ国
次の旅立ちまで後
2019年放浪イヤー終了。ジュネーブからフィスティーラまで2000km巡礼旅の様子を徐々に更新します。2020年の旅は3月ヒマラヤ街道からスタート。40歳という年にやりたいことをやりまくる為に頑張って働くぞーp(^-^)q
more about me
自己紹介 (1)
国別情報 (15)
旅情報(その他) (2)
海外放浪2019(118日) (88)
スリランカ (6)
スイス② (1)
2019巡礼の旅情報 (3)
via Gebennensis (14)
ルピュイの道 (28)
フランス人の道 (27)
Camino de Fisterra (3)
イギリス人の道 (3)
スペイン② (1)
海外放浪2017(191日) (116)
トルコ④ (2)
ブルガリア (20)
イギリス (4)
2017巡礼の旅/Via Francigena (76)
アルバニア (3)
ブルガリア② (2)
ギリシャ② (1)
マレーシア② (5)
タイランド⑳ (1)
海外放浪2015(110日) (68)
海外 UAE (1)
モロッコ (15)
2015巡礼の旅/Via de la Plata (51)
海外放浪2014(135日) (74)
インド③ (14)
パキスタン (37)
中国④ (15)
タイランド⑲ (7)
シルクロード2012(206日) (5)
カザフスタン (3)
アゼルバイジャン (1)
イラン (1)
海外放浪2010(132日) (26)
イスラエル⑤ (25)
タイランド⑯ (1)
海外放浪2009(284日) (15)
タイランド⑮ (1)
イスラエル④ (3)
インド② (11)
海外放浪2007(294日) (6)
インド① (1)
海外放浪2006(336日) (57)
アメリカ⑧ (20)
アメリカ⑨ (37)
海外放浪2005(159日) (68)
タイランド⑤ (1)
カンボジア (6)
タイランド⑥ (8)
日本 (4)
アメリカ⑦ (49)
海外放浪2004(209日) (42)
アメリカ⑤ (4)
タイランド③ (2)
タイランド④ (1)
イスラエル② (4)
アメリカ⑥ (31)
NewYork留学 2000-2001(356日) (61)
2014 出雲大社巡礼 (5)
日常(日本) (483)
結婚&ビザ手続き (3)